安心して利用したいと思っているなら品川美容外科について知ろう

Health and Beauty

トラブルを防ぐ方法

近年、フェイスリフトや、脂肪吸引、及び二重まぶたへの整形といった美容外科手術は、医療技術の進歩だけでなく、高い需要にある背景を受けて、医療費がリーズナブルな価格設定となった医療機関をよく目にするようになりました。美容外科手術は、基本的に健康保険適用外となりますので、価格が安価な美容外科手術は、若い女性を中心として魅力的に映るものです。その中で、品川美容外科は、東京や横浜といった関東圏だけでなく、関西圏、中部圏といった三大都市圏だけでなく、東北、中国、九州にも拠点を置く全国ネットワークを展開する国内最大級の症例件数を誇る美容外科医療機関です。その品川美容外科におきましても、フェイスリフト手術を受けた女性ら40人によって、医療事故を訴訟理由にして起訴されました。このように全国最大手の医療機関におきましても、起訴されるケースもありますので、価格だけでなく、様々な留意事項を踏まえて、美容整形施術を受ける必要があります。

今回の品川美容外科の起訴内容は、フェイスリフト手術を受けた人が痛みや、脱毛といった合併症を生じたことにあります。フェイスリフト手術は、顔のタルミや、シワを取り除くには、最も有効な美容整形外科手術といわれています。そのため、品川美容外科でも、多くの症例実績を誇っていますので、そのノウハウは、他の医療機関よりも優れたものがあると思われます。しかし、今回起訴されたことを受けますと、医師と患者とのコミュニケーションを図ることができずに、医師側の説明責任が不十分であったのではないかと思われます。手術前に、十分な問診を含めた事前の準備が整っていれば、起訴されることがなかった可能性があります。そのため、品川美容外科ではこの起訴事例を重く受け止め、再発防止のために今一度カウンセリング方法などを見直して信頼回復に努めています。